紅葉の関心がライトアップに集まり、皆さんの期待が大きいのですが、ライトアップを全面に出してPRすることに躊躇しております。
 確かにそれなりの雰囲気はあり、幻想的な気分さえ漂わせている照明ですが、スケールの大きさは、はるかに及びません。日光に映し出された紅葉の色合いと、電気の光では、どうしても日光に軍配が上がります。2000㎡が庭園化されたといっても全体から見れば20分の1程度、緻密に完成された庭園というより、荒削りの自然のままであって、しかも風情豊かという大興善寺を、今後どう生かすか。もう少し検討したいと思います。それでも、着々とより美しい夜景も追求してまいります。
 今年は、昨年同様、ツアーなどで、5時過ぎにお出でになったお客さんを、がっかりさせない為のサービスのつもりで参ります。