今年は紅葉が素晴らしいというので、多くの放送局から声がかかり、何度かテレビにも出演させていただきました。22日朝のKBCテレビ中継、26日午後のFBSテレビ中継、夕方のNHKローカルのニュースなど、その時々の見所を紹介してくださり、多くの視聴者の皆さんからお電話をいただきました。
どの局でも、工夫をされた番組構成で、それぞれの局の、番組のカラーを生かした制作をされていることに感心しましたが、生放送というのは、なかなか大変のようです。
大興善寺の公園は、山の中腹にありますが、幸い公園の中には、九千部山のテレビ送信アンテナが見える箇所があって、生放送を送信することは技術的にできやすい環境です。
しかし、生の番組作成となれば、プロジューサーから出演者、カメラ、技術とチームワークで、秒単位の日程で取り組んでおられます。緊張の連続。一つの仕事を成し遂げれば、ほっとする間もなく、もう、次の取材が待っている。傍目にみても大変な仕事です。
大興善寺のもようは、インターネットでもライブカメラで配信をしておりますので、おおよその雰囲気はつかんでいただけるとは思いますが、やはり「百聞は一見にしかず」お出でいただいて、実際を見ていただくのが何よりです。
今年の紅葉は、落葉の遅い紅葉で。まだ、木に葉っぱがしっかり付いています。しかし、ここまで来れば落葉も時間の問題。一日でも早くお出でいただくことをお勧めします。