ea2487b9.jpg
おなじみの大興善寺駐車場です。「つつじ寺」の植栽が看板です。一文字の大きさは8メートル四方、64㎡で「シシガシラ」の苗を植えています。つつじ寺ですから、つつじのほうがいいとお思いでしょうが、つつじの苗はぐんぐん成長しますので、文字の形を維持することが難しいということで、成長の遅い山茶花系の苗を植えています。

この風景も、週末になれば大きく変わります。例年通り「イセキ農機」展示会の会場となり、お得意様を満載した大型バスが何台もやってまいります。

今、写真左端にトラックが停まっておりますが、現在トイレ新設工事の真っ最中です。
昭和49年、この駐車場オープン時の公衆トイレは、汲み取り式の、しかも便槽が一杯になれば、おつりが跳ね上がってくるというもので、お客さんに不評を買っておりました。そこで、現在、4月10日完成を目途にトイレ新設工事を急いでいるところです。

ここ数日、気温はびっくりするように高くなっておりますが、雨が多く、なかなか園内の整備修復工事が進みません。やきもきしているところです。

旅行会社のツアー募集も始まりました。
駐車場から参道を進みますと、127段の石段があり、その上に大興善寺の本堂があり、その裏山がつつじの公園となっておりますので、ツアーのガイドさんや添乗員に、ご案内をいただいております。
石段が苦手な方は、横の回り道から本堂まで行けます。それから少し石段を登れば、公園が一望に見渡せる入口に着きますので、案ずるより産むは安しです。
近頃は都会の方が、地下鉄や私鉄の乗換えで足腰を鍛えていらっしゃいます。心配なさらずにお出でいただきたいと存じます。