9月13 日お亡くなりになった久光製薬社長夫人「中冨たつ子様」の本葬に、今日9月18日、式衆として参列させて頂きました。斎場は、久留米市の「草苑」です。

すごい参列者で、斎場近くの石橋文化センター付近から先は、車が進みません。交通渋滞を起こす葬儀などめったにないことでしょうが、葬斎場の中も本葬が執行されるメイン会場のほか、モニターでいくつもの会場に葬儀の模様が中継されていたようです。

お焼香が大変で、いつまでもいつまでも会葬者の列が続きました。2時に始まった葬儀でしたが、終って控室に戻ったのは3時半でした。

弔辞では、亡くなられたご夫人のお人柄、多くの人に慕われ、発展していく久光製薬「中冨社長」が、心置きなく事業に手腕を振るわれるにふさわしい家庭を築き、しっかりと守っていかれたご功績が讃えられておりました。 

今更の如く、あまりのも早いご逝去に、人生の無常がひしひしと感じられた今日の葬儀でした。

そして、「お寂しくなられましたでしょう」というまわりの慰めの言葉に「そんなことは言ってくださるな」と応じられた社長さんの言葉が、強く心に残りました。