1年間の早かったこと、以前、70歳代になれば歳月の流れ、スピードが特急列車並になるということを聞きましたが、まさしくその通りです。あと、100日足らずで、九州新幹線が全線開通します。大興善寺から新鳥栖駅まで20分程度ですが、その新幹線並み速度も間近と思えば、一日一日をいとおしむ覚悟で処さねばなりませんが、近頃は足が地に付いていないような日暮らしです。仕事の能率が落ちてきましたし、長続きがしません。
そうは言っても平成22年もあと6時間あまり。思ってみれば、いろいろの出会いがありました。逝く人もあれば、新しく交わりを結んだ人もあります。生きていれば、「苦」から逃れることは出来ませんが、生きているからこその楽しみもあります。悲喜交々、たくさんの人に支えられ、一段を上って平成23年の階段に到達できました。

来年のことはわかりませんが、新しい気持ちを膨らませて参りましょう。

皆さま、いいお年を。来年も宜しくお願いします。

ちらほら小雪が舞う大晦日。大雪にならねばと案じております。