ここ数日、つつじ寺ブログのアクセスが多くなっています。その要因の一つが「戸津説法」です。
大興善寺住職が、昨年8月21日から25日まで勤仕させていただいた、あの時の投稿が、戸津説法が近づくにつれアクセスされているように思えます。

思い起こせば、昨年の今日、8月21日コチコチに緊張して東南寺の説法壇に座し、お座主様はじめ、ご門跡ご高僧の前で、説法をさせて頂いたのは、ちょうど今頃です。昨年は大変涼しく、説法師は申すまでもなく、ご聴聞の皆様にも、良い条件で、戸津説法らしからぬ説法会でした。

あの時の事を思えば、赤面の至りでしたが、今となっては懐かしい思い出でもあります。田舎の小寺の、しかも何の学識もない私が、及びもつかぬ説法師の栄誉に預かったこと、神仏のお計らいとしか言いようはありません。

今年は、暑いのではないでしょうか。今、現在、説法師「梅山大僧正さま」の初日の説法が進んでいると存じます。私も、いずれ、参上の上、聴聞させていただく所存です。
どうか、無事つつがなく、大役をお勤め頂ますよう念じております。