昨日は、天気予報が午前中の雨を報じておりましたし、開花情報も「5分咲き」としておりましたので、割に静かな佇まいで一日を過ごしました。

それに比べ、今日は開花したツツジの数も増え、まだ、お目当ての「一目一万本」は半分程度の開花ですが、今日一周りした感じでは、随分綺麗になっています。ですから、「満開にはもう少し間がありますが、綺麗になって来ました」とお答えしております。

桜の早い開花からひと月、いよいよツツジの出番がやってきました。

ホームページ「契園」に掲載のツツジ写真を準備するのは、住職の仕事ですが、数々の用事に気持ちと時間を割いておりますので、撮ってきた写真を処理することが叶わない状態です。
取敢えず、ツツジの開花にスピードがついて来たことをお知らせします。

今日は、北九州市小倉南区の児童民生委員さんの団体をお迎えして20分程度の法話をさせていただきました。ホームページ「契園」に記している「先代住職」と「池坊宗匠」の話から始まって、おおよそ「民生委員の皆さんは、仏教でいう菩薩の行をなさっておられる尊い使命を担われたお方で、ご尊敬申し上げております。数々のご苦労をなさっておられると思いますが、家族にさえも仕事の事は言えない中で、悩みを抱えて辛い立場におられると思います。厳しい立場と優しい立場の両者の調和を図って、仏教の「中道」の実践をめざして下さい」といったお話でした。

「ブログを書いていますからお読み下さい」「来年はお観音さまのご開帳ですからぜひご参拝下さい」など、しっかり大興善寺のPRもさせて頂きました。