YAHOOの検索で大興善寺の動画を検索しますと、まず1ページ目に45の動画が出てまいります。

いちばんアクセス数の多い動画は、最後の45番目にある画像で「掲載サイト」にある「花咲く石段を登って大興善寺本堂へ」という動画です。
注)この順番が変わって7月23日現在は、2ページ目に変わっています。(45番目から47番目に変更)
中心にあるをクリックすると、画面が動き出して127段の石段を駆け上り、あという間に大興善寺本堂へ到着です。photosynth exploreというページに掲載されたもので、ウエブマスターのSさんより、5月3日に大興善寺ご開帳記念として投稿いただいた画像です。このページには地図がついておりますが、この地図を拡大すると世界地図になり、これによって検索を続けますと、このサイトに投稿されている世界中の画像が見られるという、想像を絶する最新のネットの世界が広がっております。一度、覗いて見て下さい。

次にアクセスが多いのは、一番下の列の右から2番め「大興善寺公園の一目一万本」というYouTubeの動画です。
インターバル撮影で、朝6時から夕方の6時過ぎまでの情景が4分でご覧になれます。

1ページ目に出てくる45の動画のうち、一つだけ中国西安の「大興善寺」の画像が出てまいります。大興善寺のルーツで、本家にあたるお寺です。投稿なさった方は日本の方とお見受けしました。

紅葉の画像が22。ツツジの画像が11。それにご開帳の動画も7つ出ています。その中の一つとして、4月18日契園開園セレモニーで唄って下さった「山田芳子さん」の「花の寺大興善寺」の動画を紹介します。
山田さんはソプラノ歌手で、福岡県出身。平成7年、「一隅を照らす運動25周年記念西日本大会」の折は、宗像ユリックスにてご出演を頂きましたし、三千院さんにもよく、お出でいただいておりましたが、今回の大法要には、東京からお出でくださって、唄ってくださいました。ピアノ演奏は作曲の池田先生です。

作詞 小柳澄子さま 作曲 池田嘉彦氏で、歌詞を紹介します。
 一 脊振の峰のちぎり山  虹をかけはし神様は 園部の姫を見染められ 空にたなびくあかね雲
 二 四季折りおりに訪ねきて 絆をふかく西の丘 ちぎり結びしさこ姫は 観音さまとまつられる
 三 小松の丘の花の寺 ゆかし石段ふみしめて 清き御堂を仰ぐとき 胸にのどかな鳥の声
 四 肩にさずかる善きいのち 一隅照らせとさとされる 大きな力に手を合わせ 心のふるさと大興善寺